現在位置: ホーム > 飼育環境 > 飲み物 >

お皿か給水器か  

モルモットの水の与え方はお皿か給水器を利用するか飼い主さんによって分かれると思います。

お皿(水入れ)

水入れは床に置くのでモルが容器の中に手足を入れてしまったり、口で引きずったり放り投げたり、後ろ足で蹴り飛ばす事があります。
また、水入れの中に粗相をして糞尿などを入れるモルもいますし、牧草や抜けた毛や様々なゴミなどが入って汚れるので、衛生面での管理は難しいと言えます。
水入れをひっくり返してこぼしたらモルは飼い主さんが気がついて水を入れてくれるまで飲めないので、水分補給の面でも管理しにくいです。

積極的に水入れを使う理由がなければ給水器を使うことをおすすめします。
それでも水入れを使う場合は上記の点を意識して、ある程度重さがあり安定して深めの水入れを選んで下さい。
さらに、頻繁に水のチェックをして汚れたら洗って清潔に保つ事と水を切らさないことを維持して下さい。

給水器

主にボトルタイプの容器に水を入れてケージに固定するので、汚れたりこぼす事が水入れに比べて少ない特徴があります。
ボトルの先に吸い口があり、吸い口の筒の先端にステンレスのボールが付いています。

ボトル型の給水器

おおむねモルモットの入手元であるショップやブリーダーなどでは給水器を使っている事が多いので、いままで飲んできた水の飲み方を変えないことが望ましいですね。

ページの先頭へ戻る

給水器の選び方  

モルモット用の給水器は市販で見かけることは希です。ウサギ用の給水器やワンコ用の給水器で代用することが出来ます。

選ぶときの一つは、吸い口があまり太くないステンレス製の給水器を選んで下さい。 ウサギやワンコ用の給水器を使う場合は個体がモルモットより大きいので吸い口が太くてモルには飲みにくい給水器があります。
モルの小さな口で飲みやすい大きさを選んで下さい。

モルモットは吸い口の先端を囓ります。なので、プラスチックではなくステンレス製の吸い口を選びましょう。

ボトルタイプの給水器では、給水器に専用のボトルを使用する品と、市販の500ccくらいの大きさのペットボトルを利用するタイプがあります。
メーカーや給水器のタイプにより水の流量を加減できる品や、パッキンに工夫を凝らして水が漏れにくいものもあります。

ページの先頭へ戻る

給水器の取り付け方  

ボトルは吸い口の高さがモルモットが飲みやすい高さにしっかり固定して下さい。
ケージの外側に取り付けるか内側に取り付けるか選べるタイプは、できるだけ外側に取り付けて下さい。内側に取り付けるとモルが体当たりして吹っ飛ばしたり壊したり、おイタをしますので。

水の補給と取り替えの頻度は、最低でも毎日、出来れば朝夜の2回が望ましいですね。給水器は汚れにくいですが、一日たつと水の中に雑菌が繁殖したり吸い口からの汚れが混入する可能性があります。

水を替えるときには以下の点に注意して下さい。


注意

※ボトルを取り付けたら、毎回必ず吸い口から水が出ることを確認して下さい。ボトルを強く締めて取り付けたり、流量ノズルの調整具合により水が出ないことがあります。

※特に、密閉性の高い給水器では、水が出るだけではなくて、水が減ったら空気が入ることを確認して下さい。パッキンがしっかりしていると空気が入らずに水が出ないです。

ページの先頭へ戻る

Menu:飼育環境

ケージ

巣箱

エサ入れ

飲み物

囓り木

トイレ

ケージの設置場所

季節の対策



ページのトップへ戻る