現在位置: ホーム > 飼育環境 > 季節の対策 ~夏~ >

季節の対策 ~夏~

日本の高温多湿環境はモルモットにとって苦手な環境です。
春の過ごし方では温度変化に注意するように記載しましたが、夏は高温という温度そのものに対策が必要です。

夏への耐性

モルモットの飼育温度の限界上限温度は30℃くらいです。しかしながら、昨今の日本の夏は30℃を軽く超えており、室内ではさらに高温になる部屋が少なくありません。

暑いと熱中症や脱水症状になるので命に関わる危険もあります。具合が悪くなるとぐったりしたり、肩で息をしたり様子が変わるので、このような状態にならないように対策を施しましょう。
なお、毛の長さにより耐性が異なり短毛種は長毛種より多少は耐性があるようです。

室内の温度コントロール

モルモットがいる部屋は風通しを良くして室内の空気がうまく循環して換気が出来て、内部にこもった熱が外に出るように空気の流れを工夫して下さい。
モルモットが快適な飼育温度は18~24℃です。
換気と湿度のコントロールが上手に出来ている環境であれば、限界の30℃を超えても耐える事例もあります。
個体差がありますが、やはりモルモットが快適に過ごせる範囲内に室温を保つのが基本です。

設置場所の工夫や風の通り道を確保するなど自然冷却により室温が快適な範囲内に収まらない場合は、エアコンや冷却グッズなどを使って強制的に冷やす必要があります。

エアコンを利用する場合の注意点を以下に書きます。
・直接モルモットに冷風が当たらないようにする事。モルに限らず直風があたる事を嫌う動物は多いです。
・エアコンの温度設定は室内やケージ付近の温度を確かめて加減すること。エアコン本体が目標温度に調節しているつもりでも、室内温度やケージ付近の温度を実測すると異なる場合が多々あります。過冷却には特に注意して下さい。
・24時間エアコンを連続して使うことは経済的な負担がありますし、地球環境の面でもエコではありません。
・エアコン使用時と、未使用時の温度差を出来るだけ少なくする。エアコンを作動させたときに急激に温度が下がったり、逆に停止したときの温度上昇が急にならないよう注意して、温度差も少なくなるようにして下さい。
・扇風機やサーキュレータなどを上手に使って室内の空気をかくはんする工夫もよいですね。
・エアコンだけに頼らず、部屋自体の温度が上がりにくくなるような工夫や、冷却グッズの併用をお勧めします。
・モルの活動範囲のすべてを冷やすのではなく、冷えている場所とあまり冷えてない場所の両方を用意して、モルが自分の意思で快適と感じる場所を選べるのが望ましい。

外出時の温度コントロール

夏の暑いときに外出をする際に冷房を止めると部屋の温度は上がります。風通しの良い部屋でも外気よりは室温の方が高くなるでしょう。
モルモットにとって暑さは苦手で、飼い主さんが不在の時に暑さで体調を崩しても帰ってくるまでは気がついてくれません。しかしながら、冷房をつけっぱなしで外出すると冷えすぎの心配がありませんか?

そんなときは、冷房を切って保冷剤を有効に活用してはいかがでしょうか?
保冷剤はホームセンターで入手可能ですし、保冷剤の代わりにペットボトルに水を入れて凍らせても同様の効果が得られます。
保冷剤か冷凍ペットボトルにタオルを巻いて、ケージの上に乗せたり、ケージの横や下に置いておくと簡易式のクーラー代わりになります。タオルを巻くことで冷えすぎを防ぎ、数時間はもちます。
※モルが保冷剤に直接触れたり囓ることがないように置いてください。

餌と水の補給

モルモットは発汗によって皮膚から熱を放出することや、犬のように舌から熱を逃がすことができません。主に水を飲んで排尿することで熱を外に逃がします。
したがって、暑い時は新鮮な水を切らさないように注意して下さい。
長い時間外出するときは水が不足しないように多めに用意しましょう。

餌のペレットや野菜は、傷まないようにする事と、ビタミンCが熱に弱いことを意識して、冷蔵庫に入れて保管するのも良いです。

衛生面の管理

夏の高温多湿環境では餌や野菜が傷みやすくなるので、食べ残しはすぐに取り払って捨てましょう。
また、排泄物で汚れた床もキレイにして、ケージも掃除して下さい。
湿度が高くなるとカビやダニが繁殖しやすくなります。高温多湿では細菌も繁殖しやすいので、皮膚病や呼吸器疾患などになりやすいので除湿をして下さい。

高温の環境下では細菌が繁殖しやすいので飲み水は常に新鮮に保って下さい。 飲み口はモルモットが直接口を咥えるところなので特に清潔にしたいところです。

ケージの置き場所

別途モルモットが快適に感じるケージの置き場所の項目がありますが、ここでは暑さ対策の観点からモルに適した設置場所をあげます。
・風通しが良い
・直接に風があたらない
・湿気がこもらない
・直射日光があたらない。

ケージの中に暑さ対策

ペット用品の売り場に行くと、小動物用の夏対策グッズがあります。
我が家ではアルミ製の冷却プレートと、大理石の冷却プレートを試してみました。どちらも暑いときは上に乗ってペタッとお腹を付けて涼しんでいました

ケージの外から冷却

夜中などエアコンを切っているときは、保冷剤やペットボトルに水を入れて凍らせておき、タオルを撒いてケージの上に乗せると冷んやりしています。
凍らせたペットボトルはケージの側面に取り付けるのもモルにとっては快適です。これは、ケージ全体を冷やすのではなくて、モルが好きな温度の場所を選べるようにすることで快適に過ごせます。

Menu:飼育環境

ケージ

巣箱

エサ入れ

飲み物

囓り木

トイレ

ケージの設置場所

季節の対策



ページのトップへ戻る