現在位置: ホーム > 鳴き声や気持ち > モルモットの鳴き声 >

モルモットはおしゃべり  

モルモットは温和で穏やかな性格ですが、とてもおしゃべりです。モル語を理解することは難しいですが、モルは自分の気持ちや感情を仕草や鳴き声で豊かに表現するので、何を求めているのかが飼い主に伝わります。

そして、モルモットは感受性が豊かな動物なので、飼い主の気持ちや感情もモルに伝わります。

飼い主がモルの仕草や鳴き方の特徴を覚えるとモルが今どんな気持ちか読み取れますし、モルも飼い主の心を感じて反応するので、モルモットとのコミュニケーションがとれます。


モルモットの鳴き声  

モルモットのよくある鳴き方を参考まで紹介します。モルの個体や性格により異なりますので参考まで。

プイプイ

何かが欲しいときや要求する気持ちを表しています。お腹がすいたり、おやつが欲しいとき、または外に出て遊びたいときなどです。


プーイプーイ(大きな声で)

何かを欲い、要求を強く求めている時。うるさいと感じるほど大きな声でひたすら鳴き続けます。


ピーピー、キューイキューイ(大きな声で、飼い主や冷蔵庫の方に向かって)

おいしい物をちょうだい! 大好きな物をちょうだい! 早くちょうだい!


クイックイッ

寂しいから誰かかまってちょうだい 抱っこして~ 撫でて~


クック クック (歩きながら)

嬉しい、楽しい気持ち
ケージの中でジャンプしながら鳴いたり、部屋の中でクックックッと鳴きながら歩く様子です


キューキュー(撫でているときや、抱っこしているときに甘える声で)

心地よい、甘えている、喜び


フイフイフイ、ホヨホヨホヨ

ご機嫌なとき


ルルルルルル・・・(ネコのゴロゴロ声みたい)

基本的にモルモットの低い声は良くない気持ちの表れです。

飼い主に抱っこしてもらって撫でているときにこの声を出したら心地よい、嬉しい気持ちです。
お尻のあたりを触ってゴロゴロ鳴いているのは嫌がっていると思われます。


グルルル~ グルルル~

求愛の声です


グルグル(低い声で)

警戒しています。
不愉快な気持ちや不機嫌な気持ち


キーキー キュイーキュイー(激しく高い声)

嫌な事をされた、怖い、怒っているなど興奮している状態
相手に攻撃の意思表示をして威嚇するとき
体調が悪くて痛いとき


キュッ

痛て!

Menu:鳴き声や気持ち

モルモットの鳴き声

モルモットの仕草



ページのトップへ戻る